乳酸菌 基礎知識

乳酸菌の基礎知識|これだけは知っておこう!

MENU

乳酸菌の基礎知識|これだけは知っておこう!

自然界にはさまざま細菌が棲息しており、私たち人間の体にも何億という細菌が棲息していますが、菌という名称がついていることもあって良いイメージを持っている人は少ないと思いますが、風邪や病気の原因などにも関わっていることからできるだけ体内に入れたくないというのが本音だと思います。

 

乳酸菌の基礎知識

 

しかし、細菌というイメージとは裏腹に体内が必要とする細菌も棲息しており、細菌の種類によっては悪い細菌を撃退してくれる良い細菌もありますが、その良い細菌に分類されるのが乳酸菌で、乳製品から取り入れることができる他、乳酸菌サプリを飲用することでも取り入れることができます。

 

 

乳酸菌サプリに含有されている乳酸菌にもさまざまな種類があるため、種類によっても体に与える効用は異なってきます。積極的に乳酸菌を取り入れたいと考えている場合は種類によって違う体への効果を理解してから取り入れるようにしましょう。

 

乳酸菌効果

 

乳酸菌サプリはお店で購入することができる他、通販サイトなどでも購入することが可能になっているので、自宅にいながらでもインターネットを活用して自分に合ったタイプを選んで購入することができます。

 

 

ただし、体によっては合わない菌というのもあるので無闇に摂取すればいいというものではなく、自分の体に合うタイプを選んで購入することが大切です。

 

 

また、乳製品として直接取り入れる場合もサプリを飲用する場合もそれぞれにメリットやデメリットがあるので比較して選ぶようにしましょう。

 

こちらにしっかりまとめてあるサイトを紹介します。

 

乳酸菌サプリ比較

体に必要な細菌とは

自然界に棲息する細菌にはいろいろな種類がありますが、すべてが悪い細菌というわけではなく体に良い効果をもたらすタイプの細菌もいれば、無害タイプもあり多種多様な細菌があります。

 

 

これは自然界に限った話しだけでなく人間の体の中でも同じですが、体にとってメリットがある菌は善玉菌と呼ばれており、体内の細菌を占める割合のうち2割は善玉菌となっており、常に体へ悪さを働く悪玉菌とのせめぎ合いが起こっています。

 

 

乳酸菌サプリの中に入っている細菌についても善玉菌という扱いになっており、体の中に入ることによって体の変調を整えてくれますが、体の消化器官や免疫機能にとっては悪い細菌も良い細菌も関係なく細菌と見なしてしまうため、せっかく乳酸菌サプリを摂取しても体内の免疫機能に消されてしまうことがあります。

 

 

乳酸菌サプリで摂取することができる善玉菌の中には体内で繁殖するタイプもあれば、外部から摂取しないことには増えない細菌もあるので、細菌の種類によって乳酸菌サプリの摂取方法は異なってくるという点にも注意する必要があります。

 

 

腸内細菌のバランスが崩れてくると病気リスクが高まると言われていますが、子供と高齢者では善玉菌のバランスが大きく異なっており、年を取るほど体に必要な細菌は少なくなるという特徴があります。

 

子供善玉菌

 

そのため、乳酸サプリなどを積極的に摂取して体に必要な細菌を取り入れることが必要で、生活習慣や運動習慣を身につけることも大切です。

体に不要な細菌とは

体にさまざまな変調をもたらし病気リスクを高める細菌は悪玉菌と呼ばれていますが、悪玉菌も善玉菌も中間的な日和菌もすべては細菌の一種であり、体にどのような効果を与えるかは別にして体の免疫機能によって一部は撃退されることになります。

 

 

乳酸菌サプリを摂取する目的は体にとって必要である善玉菌と呼ばれる細菌を摂取することですが、悪玉菌は体に悪影響を与える細菌となっており体の中で増殖してしまうと風邪や病気の原因を作ってしまうことがあるので注意する必要があります。

 

 

悪玉菌も乳酸菌サプリで摂取することができる善玉菌も自然に体の中で存在しており、体内にも似たような割合で棲息していますが、必要以上に悪玉菌が繁殖しないのは善玉菌が悪玉菌に対して作用を働きかけるためです。

 

 

悪玉菌が増えてしまうと体に毒素を吐きだすことになり、それが起因することによってガンや肌荒れを引き起こす場合もありますが、乳酸菌サプリを摂取することによってある程度は抑制することも可能です。

 

 

悪玉菌が体の中で増殖してしまう理由にはいろいろありますが、生活習慣や食生活が乱れることによって増えることもあれば老化に伴って増える場合もあり、腸内環境が悪化するほど菌は繁殖しやすくなるという特徴があります。

 

悪玉菌

 

乳酸菌サプリと言ってもさまざまな種類があり、その種類によって体に与える効果は異なることになるため、善玉菌が悪玉菌に対してどう働きかけるかということや体にとってのメリットなどを考慮して何にするか選んでいきましょう。

更新履歴